jazzっぽいの、好き?

アクセスカウンタ

zoom RSS アン・サリー / Voyage

<<   作成日時 : 2005/09/12 21:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

 初めてアン・サリーを聴いたのは、いつも通うBARのカウンターでだった。不意に流れて来たジョニ・ミッチェル“ALL I WANT”のカヴァーを聴いた途端、本当にざざっと鳥肌が立ってしまったのを、今でもとても良く覚えている。元々この曲が大好きだってことも勿論あったけど、なんて素敵な声でジョニを歌う女性なんだろうと感激してしまったから。ひたすらに優しく届く、凛とした美しい歌声。彼女の声に、これ以上もう余計な形容は何も要らないよね。

◇Ann Sally's official web site : http://www.annsally.org/

【 Jazz / Adult Contemporary 】
Ann Sally
『VOYAGE』
(2001)

01.O BARQUINHO
02.ALL I WANT
03.EMOLDURADA
04.THE DAYS OF WINE AND ROSES
05.VELAS
06.HE LOVES YOU
07.MIDNIGHT AT THE OASIS
08.SMILE
09.THE FACE I LOVE
10.BOTH SIDES, NOW

■Ann Sally (vo), Toots Thielemans (harmonica on #5), Yoshio Nakamura (ag), Shigeharu Sasago (ag), Oh Akioka (cavaquinho,bandolim), Kazuyuki Miyauchi (ag,eg), Satoshi Ishikawa (per,cajon), Kichiro Komobuchi (electric&wood bass), Hirokuni Korekata (eg), Fabian Reza Pane (p), Hiroyuki Namba (ep), Steve Sacks (flute, clarinet), Tetsuya Kuwayama (accordion) Takahiro Mori (eg)

録音日記載無し リリース:2001年


 「このジョニ・ミッチェルのカヴァーを歌っているのは誰なの?」
カウンターの内側のオーナー氏にすかさず尋ねて、この今かかっているディスクのケースを手渡して貰った。真っ白い背景に微笑む、ヴェリー・ショートの色白な女性が写るフロント・ジャケット。それがアン・サリーのデビュー・アルバム『VOYAGE』だった。


 Aの“ALL I WANT”だけでも、既に絶対手に入れなくちゃ!と思ったけれど、それに続くボッサBでの柔らかな空気。クラリネットの音色がとっても温かい。こんな音に触れながら飲むお酒って、とっても美味しいんだな〜、などと思ってたら、Cは今の気分そのものズバリにヘンリー・マンシーニの「酒とバラの日々」(笑)。そして名手トゥーツ・シールマンスのハーモニカに導かれて始まったのは、これまた大好きなイヴァン・リンスのD。この曲は、クインシー・ジョーンズの大ヒット・アルバム『THE DUDE / 愛のコリーダ』に収められている美しいナンバーで、クインシー・ヴァージョンはハーモニカがメインのインストとなっているんだけど、演じるプレイヤーはなんと、どちらも同じトゥーツ・シールマンスその人。音源をお持ちの方は聴き比べをしてみるのも面白いかも。
 声も好みなら選曲のセンスも好い。これはほんとに良いヴォーカリスト知っちゃったなぁ〜と心から感心していたら、お次で更におったまげてしまったんです、ワタクシ(笑)。だってあーた、EはSEAWINDのCTI時代にレコーディングした、知る人ぞ知る名曲“HE LOVES YOU”ですよ、これ!。ここまでの流れとちょっと趣を変えたブラジリアン・フュージョンタッチで、全編にローズの甘い音色が散りばめられて・・・。もう何にも言えないくらいに陶酔。これ、絶対にAORファンに聴かせたいよね〜。
 以降もチャップリンのG、マルコス・ヴァーリのHをブラジリアン・フレイヴァーたっぷり聴かせてくれる。因みに、気持ち好く鳴ってるガット・ギターだなぁ〜とクレジットを見てみれば、両曲とも日本のボサノヴァ第一人者・中村善郎のプレイ。さすが!。
 で、最後は再びジョニのカヴァー、大名曲のIはピアノ+ウッドベースをバックにしっとりと。アンの声はほんとに透明で瑞々しくて、特にファルセットの辺りで若い頃のジョニの声を彷彿させる。そして、優しく心地良い、静かな余韻と共に迎えるエンディングで、アンと巡る音楽旅行(=voyage)の第1章は幕を閉じる。


 好きなアーティストのカヴァーが何曲も散りばめられているから、確かに僕の場合には全くこれらのアーティスト達の楽曲を知らない人よりも、一聴で感激する要素がとても多いアルバムだったんだろうなとは思う。けれども、それを差し引いても人に薦めたい、素晴らしいアルバム。
 何でもかんでもすぐ「癒し」と云う言葉で簡単に片付けたり、一括りにまとめてしまう昨今の風潮はあまり好きじゃないけれど、確かに僕もこのアルバムを聴くと心が安らぐし、穏やかな気持になれるのは間違いのない事実のよう。だから、もしあなたが、聴く事でそんな気持になれる音楽をお求めならば、是非、手に取ってみて欲しい。「音楽」と云う、人それぞれに趣味感覚の違うものに点数を付けるのはどうかと思うけど、僕にはここから減点して行く要素が何ひとつとして思い浮かばないくらいなんだから。


ヴォヤージュ
ヴォヤージュ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アン・サリー
すこし前のこと、レンタルショップで気になるCDを見つけた。 女性ボーカリストで、何枚かのアルバムを見て、その選曲にキュン☆ なんだか、お気に入りになりそうな予感がしたの。 彼女の名前は、Ann Sally。 ...続きを見る
Manbou swim_swim
2005/11/18 15:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
y2kさん、この記事、本当にありがとうございます。ここを読んでますます聴きたくなったのに、いまだに聴けずにいるManbouです。聴いたらすぐにここに感想書きに来ようと思ってるのですけど。。。
他のアルバムも選曲にキュンとしちゃいますね。
Manbou
2005/09/25 20:25
Manbouさん:
 他のアルバムも勿論お奨めですよ。“蘇州夜曲”や“星影の小径”の入った『MOON DANCE』が特に好きかなぁ。あとはライブ盤の『Hallelujah』もベスト的選曲になっているので◎ですよ。

 実は、今回本当は一番新しいアルバム『Brand-New Orleans』で書こうと思っていたのですが、現在の彼の地のことを思うと気持が重たくなってしまい、かなり書いたものを途中で全て消してしまいました。

 アンさんが歌の他にもう一つ職業を持っているのはご存じですか?。実は彼女は循環器内科の現役のお医者さん。ついこの間まで3年間、医学研究の為にニューオリンズに留学されていたのです。この新作に集った現地のミュージシャン達を含め、きっと多くの友人、知人が被災されているのでしょうね・・・。
yk2
2005/09/27 12:59
私も「MOON DANCE」が一番気になっていたんです♪
アンさんがお医者さんだってことは聞いていましたが、そうですか、ニューオーリンズに留学されていたんですね。
日本がこんなに涼しいってコトは、向こうはかなり寒くなってきているでしょうね。被災した方たちすべてが一日も早く支援を受けられることを願っています。そしてそこにもなんらかのカタチで音楽があればいいな・・・って。
Manbou
2005/09/29 01:15
 さっき、NHKのクローズアップ現代でニューオリンズの被災者の今をやっていたので見ておりましたが、想像以上に皆さんご苦労なさってるようですね・・・。ジャズの聖都は再び賑わいを取り戻せるのかなぁ。

>そしてそこにもなんらかのカタチで音楽があればいいな・・・って。

 本当に。
こう言う時にこそ、音楽に気持を救って貰いたいものですよね。
yk2
2005/09/30 01:30
音楽旅行(=voyage)だったんですね!
いいコトバです。
アン・サリーのファーストは、まだ聴いてないです。
記事を読ませていただいて、とてもよさそうなので、ぜひ聴いてみたいな〜って思いました。
スローCD
2005/10/12 15:42
スローCDさん:
 はじめまして、コメント書き込んで下さって有り難うございます。
 基本的に「キライ」だとか、「つまらない」って物は、わざわざ自分のブログには取り上げない様にしておりますので、もしこれを読んで聴かれてその上で気に入って頂ければ、それはきっととっても嬉しい事だなぁ〜と思います。

ところでお名前ですが、なんだかスローフードを思い浮かべて、オーガニック、ナチュラルで心と体に良い本当の音楽、CDみたいな連想をしてしまいました(^^。アンの1stも、僕にとってはまさにそんな1枚なのかも知れないですね。
yk2
2005/10/13 00:18
yk2さん、やっとアンのアルバムを聴けました♪
コレいいです〜とっても気に入りました。
そんで、まさに「ナチュラルで心と体に良い」って表現がぴったりですね☆
(TBさせていただきました)
Manbou
2005/11/18 15:22
Manbouさん:
 よ〜やく聴けましたね(笑)。
このブログは、元々Manbouさんのリクエストで書いたものでしたが、「読んで買いました」って仰って下さった方が他にもいらして、それもお気に入りになられているとのこと。こう云うのって、何だかとっても嬉しいもんですね。

 TBありがとうございます。こちらも入れさせて下さいね!
yk2
2005/11/19 06:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
アン・サリー / Voyage jazzっぽいの、好き?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる