jazzっぽいの、好き?

アクセスカウンタ

zoom RSS マイケル・ブレッカーが骨髄移植治療を要する難病に

<<   作成日時 : 2005/08/17 01:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

画像
 人気実力共に当代ジャズ界随一のテナー・サックス奏者、マイケル・ブレッカーが現在、深刻な病魔と闘っている。
 jazzLife誌9月号の伝えるところ、彼が患ったのは「骨髄異形成症候群」という血液の癌の一種で、白血病に進行することも多い難病なのだそうだ。
 マイケルはまだ56歳。これからようやく彼の人生も音楽活動も、ともに円熟期に入ろうと言う頃合いだ。今はただひたすらに治療、療養に努めてもらい、彼が一日も早くシーンにカムバックしてくれることを心から願う。

 実は少々前からNet上に於いて、マイケルが病気で手術を受けた旨の記載を見つけてはいたのだが、それらは個人の方の書かれているブログで、具体的な病名、病状に触れられていなかったりして、正直何を信じて良いのか、ここまで深刻な事態なのだとは思いもよらなかったのだ。

 jazzLife誌の記事を読み、改めてNetでいろいろと調べてみたのだが、JAZZ/Fusionファンの間ではかねてより有名なウェッブサイト「CyberFusion」http://www.jazzfusion.com/ )を今日久々に見せて頂いたところ、マイケルの治療には骨髄移植が必要な状況なのだが、家族や親戚に適合者が見つからなかったとのことが記され、ここに広く一般から骨髄提供者を募るため、ブレッカー夫人からのメッセージが寄せられていた。( http://www.jazzfusion.com/info/breckerill.htm

 適合条件には「東欧出身のユダヤ人家系であること」などとあり、ここ日本では提供者が名乗りを上げる可能性はとても低い状況に在るのかも知れない。僕が自分のブログに日本語でこの事を記したとしても、それは限りなく無力に近いのだと云う事も十分に解っている。しかしマイケルの一ファンとして、「彼が骨髄治療のための適合ドナーをすぐにでも必要としていると言う事実」を一人でも多くの人に知ってもらうことで、もしかしたら、めぐり廻って適合者に辿り着くことも有るかも知れないのだと、今は迷わず信じたい。
 
 早く、一日でも早く適合ドナーが見つかり、マイケルが治療を受けられます様に。


Michael Brecker's official web site : http://www.michaelbrecker.com/
Verve Music : http://www.vervemusicgroup.com/artist.aspx?ob=art&src=rslt&aid=2703

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マイケル・ブレッカーに哀悼を捧ぐ
 マイケル・ブレッカー逝く ...続きを見る
Hearts and Numbers
2007/01/15 22:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。

私は彼とも面識があるので,あえて記事にはしていないのですが,状態は深刻です。
お見舞いにいこうかとおもいつつも。。。

家はフィラデルフィアにあるんですが,コッチの方でも骨髄移植のドナーを探していました。

私が記事にしなかった理由は,以前に渡し本人が主人に肺を一つ提供したいと思った時に人種の違いから、助けにならないということを知ってからです。

ユダヤ人の彼にはユダヤ人からのでなくはなりません。

そうね、。。
日本にもかなり多くのユダヤ系の方がいるでしょうし,今度はそのことに焦点を置いて一度日記でお伝え仕様かな,と、いま思う様になりました。

友人として,心配しています。

http://plaza.rakuten.co.jp/namaikiya/
へ、どうぞいらして下さいね。

まっさらな週の幕開けです ^V^*)
今日和*
2005/11/14 01:31
今日和*さん、はじめまして。
マイケルのご友人の方なのですね。おいで頂いてとても嬉しく思います。

そうですか、状態は深刻なままなのですね・・・。

僕のこの8月に書いたブログには、今もマイケルの病状を案ずる皆さんが多数、検索をして訪れて下さっています。

通常、書いたブログをより多くの人に読んで頂けるのは嬉しいはずなのに、この記事へのアクセス数が増える度に、とても沈んだ気持にさせらてしまいます。それはサーチ・ワードにマイケルの名前と共に、病名が記されていることが殆どだから、です。

もし、これからマイケルをお見舞いされることがあるのでしたら、とてもたくさんの日本のファンが、あなたが一時も早く元気になってくれるのを待ち望んでいるのだと、彼にお伝え頂ければ幸いです。
yk2
2005/11/14 13:01
こんにちは。

本当に残念です.

昨夜、彼の訃報が届きました。
初めにコメントした者です。。。

ざんねんですが。。
ありがとう。の言葉しかみつかりません。

www.patmartino.com にも、同郷の出身者としての、こころよりの気持がつたえてあります。。


あまりにも、
はやすぎます。。。
医学の力、

時に恐ろしい。。。

ps もちろん、日本のファンの方々のお気持ちを生前に何度も御伝えいたしました☆

生粋屋
2007/01/15 13:59
生粋屋さん、コメントありがとうございます。

治るものと信じていたマイケルの突然の訃報に、大変驚き悲しんで居ります。

生粋屋さんはあの方の奥さまでいらしたのですね。直にマイケルに、日本のファンが心配していたことをお伝え下さってありがとうございました。心より感謝致します。

今現在はこちらのブログを更新しておりませんので、以下URLに拙いものではありますが、マイケルを哀悼する思いを綴りました。

http://blog.so-net.ne.jp/ilsale-diary/2007-01-15

返す返すも、残念でなりません。
yk2
2007/01/15 23:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイケル・ブレッカーが骨髄移植治療を要する難病に jazzっぽいの、好き?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる