jazzっぽいの、好き?

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャネット・サイデル / MOON OF MANAKOORA

<<   作成日時 : 2005/08/07 11:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

画像
 8月なんだから暑くて当たり前。そう思いはすれど毎日35℃なんて、どうにもこうにも我慢出来ない気温が続くここ数日。エアコンを効かせたクルマから、窓を閉め切っていた自分の部屋に戻るとそこはもう蒸し風呂状態。机の上では、食べかけのまま、うっかり置きっぱなしにしておいたチョコレートがすっかりどろ〜り溶けてしまっていたよ。

 もうウンザリ・・・。いくらクーラーをに急にかけたところで、日中真夏の太陽ですっかり照らしつけられて熱せられた部屋は、とてもすぐには涼しくなりそうもない。こんな時にはせめて音だけでもさっさと涼しげにして、気持ちから先にクール・ダウンしたいもの。そんなシチュエーションで聴くのに最適の和みアルバム見つけちゃいました。ジャズ・ヴォーカルとウクレレの出会いって、想像しただけで涼しげじゃない?。

Janet Seidel's official web site : http://www.janetseidel.com/



【 Jazz Vocal 】
Janet Seidel
『MOON OF MANAKOORA〜マナクーラの月』
(2005)


01.WHEN LIGHTS ARE LOW
02.NO MOON AT ALL
03.TWILIGHT TIME
04.DELICADO
05.BREEZE
06.TILL THERE WAS YOU
07.THE MOON OF MANAKOORA
08.DON'T BE THAT WAY
09.TRES PALABRAS
10.DEEP PURPLE
11.LINGER AWHILE
12.DREAM A LITTLE DREAM OF ME
13.APRIL IN PORTUGAL
14.FALLING IN LOVE AGAIN
15.WHISPERING
16.ALL I DO IS DREAM OF YOU (Bonus Track)

■Janet Seidel (vo & p), Chuck Morgan (uklele & g), David Seidel (produce & b), Billy Ross (dr & bogos), Laurie Bennett (dr & per)  録音2005年5月6日


 ウクレレを全面的にフィーチャーしたジャズ・ヴォーカル・アルバムって珍しいですよね。夏ならではって感じの、如何にも日本のレコード会社的企画盤の匂いがプンプンですが(苦笑)、あんまりにも暑いんで騙されたつもりで買ってみました、ジャネット・サイデル。恥ずかしながら僕は今までこの人の歌を聴いたことがなかったのだけれど、好きな声なんだな、これが。


 ジャネット・サイデルはオーストラリア出身のジャズ・シンガー。彼女についての詳しいプロフィールはよく知らないのだけれど、お写真から拝察致しますに50歳代くらいでしょうか。でもとっても素敵な声してますよ〜、適度にスウィート、ちょっぴりハスキー。現在もシドニーを基盤として活動していて、主にクラシック・ジャズ、スタンダードを歌っているんだそう。実兄のベーシスト、デイヴィッド・サイデルと1992年頃からCD制作を始め過去10作品を発表し、彼の地を代表する女性ジャズ・シンガーとして活躍。2000年に神戸で毎年行われているジャズ・フェス、KOBE Jazz Street International Festivalで初の来日公演を果たし、同じくこの年アメリカもツアーしてハリー・アレン(ts)などと共演。以降は例年の様にやって来る日本からのオファーに応えてコンスタントに来日し、昨年も10月に渋谷の東京JZ Brat を始め小倉、大阪、名古屋、水戸と各地をツアーで巡り、大好評を博したばかりなのだとか。うむ〜、もっと早く彼女の声と出会っていれば観に行ったのに〜(悔)。


 その昨年の来日公演にも同道したギタリスト、チャック・モーガンが今回リリースされた『マナクーラの月』で大フィーチャーされて、ウクレレをプレイしまくってる(※勿論ギターも弾いてます)ワケなんですが、これがホントこの季節にピッタリ。夏だからウクレレだなんて、思いっきりベタ過ぎてちょっと気恥ずかしいくらいですが(笑)、ポロンポロンと心地良く爪弾かれるナイロン弦の音色が何とも和むんですよね〜。サスティンの短い、歯切れの良いウクレレの音色。あんなにも軽くて小さな楽器なのに、とても表情豊かに響く。誰もが海を思い浮かべるその涼やかなサウンドでジャズ・ナンバーを奏でて、その上にベタつかない中音域の優しげかつ小粋でスィンギンなジャネットのヴォーカルが乗っかる。ちょっと聴くだけで、もうそこは突き抜ける様に青い空とエメラルドの南海。ひと気のないリゾートの白い砂浜。木陰のハンモックに揺られて、読みかけの本を顔に乗せたままウトウトしちゃいそう・・・、ってこちらの発想も負けずに思いっきりベタですね(苦笑)。
 

 リゾートに行けちゃうあなたも行けないワタシも、夏休みの午後のうたた寝のお供に最適な1枚。ゆったりとした気分で涼しくなりたい方に絶対的にお薦めです。でもパブロフの犬のようにウクレレ→ハワイアン→ビアガーデンと思い浮かべちゃうような、さらに発想のいやしい人(笑)には、ちょっと毒かもな〜。気持ち好すぎて、キーンと冷えたビールがグイグイと幾らでも進んじゃいそうなアルバムでもあるかも知れません。そんなあなたは是非ともお気をつけあれ。かく云う僕は行きつけのBARでかけて貰って、既に実体験済みです(・・・おばか)。


<ASIN:B000A0H5NK>マナクーラの月</ASIN>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
My Favorite Songs〜2005年のお気に入り10選
&nbsp;  2005年ももうじきに終わりですね。今年もいろいろなCDを買いました。でもそんな新しいCDばかりがお気に入りになるとは限らないのが困ったところ。 今年僕は一体何を聴いて来たんだろう、と1年を振り返りつつ、特に印象深かった曲や、起きた出来事とリンクして心に残っている歌、楽しかったライブを思い出させてくれるものなどを楽曲単位でベスト10形式に並べてみました。(※リリースは本年度に限らず選んでいます) 添えたコメントはもう半分、いやほとんど日記に近いかな。これはもう自分用の記録ですから... ...続きを見る
Hearts and Numbers
2005/12/18 18:36
Janet Seidel Trio / DELOVELY
THE MUSIC OF COLE PORTER  昨年の夏、ウクレレを全面的にフィーチャーした『マナクーラの月』が日本で密かなブームと呼んでも良いほど評判となったジャネット・サイデルの新作がリリースされた。今回は副題「LIVE AT WOODFIRE 〜 The Music Of Cole Porter」とあるとおり、コール・ポーターの作品を集めて行った、彼女の母国・オーストラリアでのショーのライブ盤だ。 ・Artist : Janet Sidel Trio・Title : "DELOVERY... ...続きを見る
Hearts and Numbers
2006/02/09 06:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。私もこのアルバムを酒の友として愛聴している一人です。もっぱら、夕刻に冷やしたワインを開けて・・・本当に心にしみる歌声ですね。私は本作がジャネット初体験でしたが、アート・オブ・ラウンジのシリーズもぜひ聴いてみたいですね。
海鳥 暁
2005/08/14 17:44
海鳥 暁さん:
 はじめまして、コメントありがとうございます。ひょっとしてSEAWINDお好きでいらっしゃいますか?>HN
#間違っていたらすみません

 ジャネット・サイデルをお酒の友にされてる同好の士(笑)がいらして嬉しいですね〜。それに僕も普段は専らワイン党です。もっともただ飲むのが好きなだけで詳しくはありませんが・・・。

 海鳥さんはこのアルバムでどんなワインを愉しまれていらっしゃるんでしょう。僕はジャネットの声を聴きながらだとシャルドネが飲みたいかなぁ。酸味控えめ、甘さほどほど、山吹色に近い色した、ボディのしっかりしたヤツがいいなぁ〜・・・って、朝っぱらから書くコメントじゃありませんね(^^ゞ
yk2
2005/08/15 09:19
はじめましてこんにちわ。
友達んちで耳にして気に入りました。
モロなハワイアンってあんまり得意じゃないんですけど、こういうムードのあるハワイアンってメチャメチャ良いですね。
こういうハワイアン系ジャズというか、ムードあるハワイアンでオススメってありませんか?
ハマりたいんで教えてください。
カドベエ
2005/08/20 20:13
カドベエさん:
 はじめまして。コメント頂きありがとうございます。

 僕もハッキリ云って、モロにハワイアン・・・って音楽にはあまりそそられませんね〜。ジャネットのこのアルバムも、「jazzの側から見たハワイアン風味」だから心地良く聴けているのだと思います。ハワイアンとして聴いてないもんなぁ。
 ですから、唯一のハワイアン・トラックのタイトル・チューンが一番好みじゃなかったりして(^^ゞ。

 で、こんなフレイヴァーでお薦めの、ってヤツをポンっとご紹介出来れば良いんですが、ウクレレ+jazzってパターンは僕にとってもイレギュラーな組み合わせでして、あんまり他は知らないのです。ごめんなさい・・・(汗)。
 同級生(♀)に、ハワイアンのダンサーとして結構有名?になってるのが居りまして、丁度今週末に会いますのでちょっと訊いてみますね。良いのがあれば、またご紹介したいと思います。
 
yk2
2005/08/21 10:43
すいません、お願いします。
具合のちょうどいいハワイアン、ないですよねえ。
カドベエ
2005/08/21 14:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャネット・サイデル / MOON OF MANAKOORA jazzっぽいの、好き?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる