jazzっぽいの、好き?

アクセスカウンタ

zoom RSS フライド・プライド / TWO,TOO

<<   作成日時 : 2005/05/29 10:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
 フライド・プライドの5枚目のオリジナル・アルバム『TWO,TOO』が5月21日にリリースされた。この日の彼らは横浜のタワーレコードでインストアライブを行い・・・・・・って、また後から知ったよ〜(がっかり・・・)。最近なんか巡りが悪いなぁ、行こうと思えばいけたのに〜(泣)。

※フプラのライブ、インストアのイベント情報はオフィシャル・ウェブへ
http://www.friedpride.com/live.html

追記)
 6月23日にShihoさま御本人からコメント頂きました。なんと2回目!(うれし〜)。
→前回にコメント頂いたブログ : 「クールな奴はジャズが好き」
ちと、思いっきりぢまんかも知れない・・・(笑)。

【 Jazz Vocal 】
Fried Pride / 『TWO,TOO』(2005)

@. KISS OF LIFE
A. PART-TIME LOVER
B. WE'VE ONLY JUST BEGUN
C. I WANT TO BE LOVED BY YOU
D. MY FAVORITE THINGS
E. RAINY DAYS AND MONDAYS
F. LULUBY OF BIRDLAND
G. WE'LL BE TOGETHER
H. FEEL LIKE MAKIN' LOVE
I. WHAT A WONDERFUL WORLD
J. RIO DE JANEIRO BLUE
K. DIG IT!
L. BABY I LOVE YOUR WAY
M. OVER THE RAINBOW

 前作『THAT'S MY WAY』は村上‘ポンタ’秀一、ギル・ゴールドスタイン、マイク・マイニエリそしてマーカス・ミラーと言ったビッグ・ネームをゲストに迎えて、東京、LA、NYで録音した彼ら初の贅沢かつ自由なフォーマットを用いたバンド・サウンド作品だった。しかし今作では1曲にのみ(“OVER THE RAINBOW”)にストリングスが入る他は、すべてギターの横田明紀男とボーカルのShihoのふたりによるデュオ。つまりはFRIED PRIDE本来のフォーマットでの演奏であり、まさに原点回帰の全球ストレート勝負だ。


 ここ最近必ず1曲は演奏しているロック色の強い攻撃的なナンバー(本作唯一のオリジナルK)なども織り込んではいるものの、全体としてはシンプルで落ち着いた味わいの、シックなアルバムに仕上がっている。JAZZ LIFEでのインタビュー記事でShihoが「毒を持った曲が少ないかなと思った」と語っているのだが、確かにその通り。Kと合わせ、ファンキーに迫るスティービー・ワンダーのA、スティングのGの3曲がアップ・テンポである他は、しっとり聴かせるバラッドとコンテンポラリなメロー・トラックとが並んでいる。

 相変わらず今回も選曲は意表をついていて楽しい。だらだらとしたソロなどは出来るだけ排除してごくシンプルに、と言う意図のもとでこのアルバムは制作されたそうだけど、その最たるものがモンローのオハコCだ。まさかShihoがフプラでこの曲をレコーディングするなんて思ってもみなかった。随分とハスキーなベティさんだよね(笑)。今までのイメージからすると、とっても「らしくない」んだけど、当然にそこが狙いなんだろう。横田のバッキングもとてもリラックスした演奏だ。間奏でのShihoのスキャットとのユニゾンなど本当にスムースに寄り添っていて、ふたりの歌とギターがひとつになっているのを実感する。


 彼らはギターとボーカル、たったふたりだけのユニット。
当然の事ながら、出せる音は横田の超絶技巧を以てしても限られているし、Shihoのボーカルがいくら表現力豊かであろうとも、この先デュオで長く続けていく為には個性や新鮮さを保ちつつ、音数が少ないからこそ陥りそうなマンネリとも戦って行かなくてはならない。前作がそんなデュオの制約を取り払ってのバンド・パフォーマンスだっただけに、ふたりに戻る今作は、下手をすればスケールダウンしてしまうのではとの恐れもあった筈だ。それなりのプレッシャーも有っただろうと想像していた。なのに出来上がって来たアルバムが、こんなにも肩の力が抜けたリラックスしたものだったのには正直驚いてしまった。ゆったりした曲を多くチョイスしているのも、勢いに任せずじっくりと聴かせる気持ちと、自分たちの音楽に対する自信が有ればこそのプロダクションだろう。

 ついついShihoのチョイスする毎度のスティービー・ナンバーのAやスタイリッシュなシャーデーの@、誰にでも親しみやすいカーペンターズの楽曲B、Eなどに心が奪われがちなのだが、今作での僕の一番のお気に入りは、過去の名演の呪縛に囚われずに真正面から取り上げたFの“バードランドの子守歌”だ。僕はこの歌は作者のジョージ・シアリングがメル・トーメと演ってる82年のライブ『AN EVENING WITH George Shearing & Mel Torme』での演奏が好きなんだけど、フプラのバージョンも決して負けてない。まるでベーシストがいるかのような横田のガット・ギターの歌伴に引き込まれてしまう。そしてShihoの心地良いスインギンな歌声からは、声質は全く違うけれど、なんとなく笠井紀美子の面影を感じたりもして。


 それにしても、落ち着いた選曲のせいも勿論有るのだろうけど、この新作を聴いて僕が一番に思ったのはShihoがオンナっぽくなってきたなぁ〜ってコト。デビュー以来、ずっと意図的に尖って来たのだろうけど、このアルバムではそういった色が大分薄まっているように思えるのだ。彼女が尖っていたのは、それはそれでフライド・プライドの色になっていていたわけで、およそjazzシンガーらしくない、ちょっとパンクでマニッシュなイメージやファッション、ルックスともそれがShihoの魅力だと多くのファンは思って来たハズ。

 僕もそう思ってた。
でもそんな彼女のイメージが、最近僕の中でガラガラと音を立てて崩れ始めているのだ。そして、それはどうも最近始まったShihoのブログ「フラリプラリ」を読んでいるから、らしい。

 まめに手料理を作ったりしている彼女の意外な素顔を見るにつけ、その都度、なんだ結構普通にオンナのコしてるんじゃん〜!なんて思わされてしまっているのだ。そんなタイプじゃなさそーだと勝手に想像して決め付けていたので、そのギャップはすこぶる激しい(笑)。それに加えて最近の髪を伸ばしている彼女のポートレートを見ると、うんうん、表情も柔らかくなって来てとっても好い感じ。どうやら彼女、丁度今さらにワンランク上の素敵な女性に成る可く脱皮中の様なのだ。これなら“FEEL LIKE MAKIN' LOVE”歌っても、しっとりとした曲のイメージも外して無いよね。

 ただ、もちろん両方の鼻の穴に割り箸差したりなんかしなきゃなんだけど・・・。
(※彼女のブログ4/22分をご参照あれ・・・笑)
※以前の関連ブログ → フライド・プライド / FRIED PRIDE
two.too
two.too

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。急遽、先週金曜、明日と東京で仕事に
なったので神奈川に戻ってきました。前に言っていたDuoはこのことだったのですね。国内モノですが、歌モノをほとんど知らないので、へ〜っという感じでした。

ちなみにFried Prideも出演するジャズフェスのイベント案内が来ましたのでお知らせします。
TOSHIBA 2005 Jazz Style

http://mars.eplus.co.jp/ss/kougyou/syosai.asp?kc=009758&ks=12

先月こけら落としのあった、品川プリンスのステラボールですね。

大阪BNもくるのですね。都合がつけば行ってみたいと思っています。
しょうた@相模原
2005/05/29 22:50
しょうちゃん:
 出張ごくろうさまです。
この間、FRIED PRIDEの話したっけ?>よっぱらい>わし(苦笑)

 品川のステラボールってちょっと行ってみたくて、SWING OUT SISTER観ちゃおうかなぁ〜とも思ったのですが結局行きませんでした。

 フリプラは、しょうちゃんもギター弾きだから、横田さんのギター・プレイは1回ライブで観ると良いと思うよ。でもね、僕は以前にmotion blueで観たんだけど、どうしてあんな音が鳴るのか未だによく分かりません・・・(苦笑)。
yk2
2005/05/30 23:14
こんばんは。たまたま発見し、楽しく読ませていただきました。ブログも見てくださってるんですね。鼻わりばしでゴメンなさい。そっかー女っぽくなったかな?ははは。ライヴもまた遊びにいらしてくださいね。あ、ちなみにフリプラではなくフラプラでございます・・・。はい。
Shiho of fried pride
2005/06/23 22:09
Shiho of fried prideさま:
 本文中は横田さんともども敬称略ですみませぬ。ブログ本文に「Shihoちゃん」と書くのはちと恥ずかしかったもので・・・(いいわけ)

>フリプラではなくフラプラで
>ございます・・・。はい。

 ごめんなさいごめんなさいごめんなさい〜〜〜っ、速攻で修正致しました(滝汗)。

>そっかー女っぽくなったかな?
 
 実は渋谷タワーのインストアにも伺ったのですが、サイン会で握手して貰った時(照れ)にも、改めてそう思いましたよ。ちょっとドキドキしたかも(笑)。>今回のツアーはmotion blueでは演らないんですか?、って訊いたヤツです。って、そんなの覚えてないよね(苦笑)。
 
 来月のSTB139は観に行きますからね。とっても楽しみにしてます。

 そうそう、TVKに出入りしている友人がいるので、今度近々に連れだってお薦めの「シシリア」のピザも食べてきますね〜。
yk2@jazzっぽいの、好き?
2005/06/24 00:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
フライド・プライド / TWO,TOO jazzっぽいの、好き?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる