jazzっぽいの、好き?

アクセスカウンタ

zoom RSS ボビー・コールドウェル / PERFECT ISLAND NIGHTS

<<   作成日時 : 2005/04/19 12:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 昨日になって、やっとBobby Caldwellの新譜を聴きました。
King of A.O.R.が10年ぶりにjazz路線からの王道回帰という事で、AORファンにとってみれば、もう待ちに待った方向性のアルバムであるワケなんですが、ボーナス・トラックの関係で国内盤を買った方が良いみたいだよ、との情報もあって、ず〜っと輸入盤を買わずに聴くのを我慢していたのです。

 その割には手に入れてから随分と幾日もCD-Shopの袋に入ったままだったけどね・・・(^^ゞ。

【 Adult Contemporary / AOR 】
『PERFECT ISLAND NIGHTS』 / Bobby Caldwell (2005)

 このボビーの新譜、買う前に意外な話を知って興味を惹かれてました。
このアルバムのタイトル・チューン“PERFECT ISLAND NIGHTS” は僕の大好きなボーカリスト、フィル・ペリーが2001年にリリースした『MAGIC』からのカバー・ナンバー(※Barry J. Eastmondとの共作で、こちらは“PERFECT ISLAND”のタイトル)なのですが、ボビーはフィルの歌に随分と触発されて今回のレコーディングに臨んだと言うハナシを、ちらりと活字で目にしたのです。

 結局この話、ウソかホントか僕には何も確認が取れていないままなんですが、ボビーとフィルなんて、今まで全く結び付きが無かった?組み合わせをとても意外に思いましたし、あの涼しげなボサ・チューンをボビーが歌うのも悪くないな〜と、早速頭の中で想像したりもなんかして。

 実際あの曲はどんな出来映えになってるんだろう・・・、僕の興味は兎にも角にもこの1点。フィルのバージョンはかなりファルセットが多用されているけれど、ボビーは如何に?、だったのです。


 まあ、それでも焦らず順番に、1曲目からちゃんと聴きましょう。

 @“IN THE AFTERLIFE”、いや〜、のっけから哀愁漂いまくりのボビー節です。いきなり「パリを覚えているかい?」と来ましたよ。相変わらずキザだね〜(笑)。この曲聴いてストラト持ってる人は多分み〜んなセンター・ピックアップをチョイスしてボビーのギター・ソロに合わせてチョーキング&ビブラートしたくなるでしょう。ええ。僕は条件反射しやすいタチですので、勿論(笑)。

 A“CRAZY FOR YOUR LOVE”は爽やかなラブソング。金澤さんのライナーにも書いてあるけど確かにサビのメロディはディオンヌ・ワーウィックの“HEARTBREAKER”に似てる・・・って、コーラスもまるでディオンヌが歌ってるようにも思えちゃうくらい。ボビーも確信犯?で、敢えて意図してやってるような気がしないでもないですね。キャッチーでとってもいい曲です。

 B“DONNA”はボビーにしてはややネットリした感もあるラテン・ナンバー。と言っても彼の声質ですから決してベタつきはしませんが。

 一転デニース・ウィリアムスとデュエットでこれまた爽やかにC“WHERE IS THE LOVE”を。ただでさえアクもヒネリも無い曲なので、下手なカバーをすると、「取り敢えず歌ってみました」みたいなつまらないモノになってしまうこともよく有るこの曲ですが、これはなかなか気持ち好く聴ける仕上がり。間奏でのハミングのとこなんて、いいね〜。それにしてもデニースの高音でのファルセットが昔と何一つ変わらないのは驚きです。

 さて、次のDがいよいよワタクシ注目の“PERFECT ISLAND NIGHTS”なんですが、悪くないんです。・・・と言うよりかなり気持ち好いんです!。僕がフィル・ペリー大贔屓ってコト差し引いてもボビーに似合ってる、良いトラックに仕上がってると思えます。が、しかし、この派手でもなんでもない、ましてや自作でもないボッサをタイトル・チューンにするってのはどんな心境で決めたのかなぁ・・・。ボビーがフィルのどんなところに何を感じたのか、是非とも知りたいもんですね。

 Eでもう1曲、トロピカルな趣の“OUR DAY WILL COME”を。何だか観て来たばかりだからなのかな?、ここでのアレンジってMatt Bianco & Basiaにも通ずる世界だな〜、なんて感じたのは私だけでしょうか。

 ブラスとオルガンが随所に効いてるH“CALL ME UP”は日本のファンにはおなじみのキーボード・プレイヤー、マーク・マクミレンとボビーの共作。導入部の留守番電話の可愛らしい声はボビーの愛娘ちゃんだとか。僕はこの曲みたいに黒っぽいノリのボビー、好きなんですよね〜。

 I“EXTRA MILE”は、如何にもAORファンが好みそうなバラッド。
「何があっても愛を諦めてはいけない きみは僕のために 僕はきみのために」
切々と歌い上げるボビーの真骨頂。聴き込む程に引き込まれて行く佳曲。

 今作で僕が一番気に入ったのはL“CRAZY FOR YOUR LOVE”のMorning Mix。Aの別バージョン。Aがエレピが基本的にバッキングを取っていたのに代えて、こちらはギター(鍵盤楽器で出してる様にも思えなくもないよーな)のアルペジオで演奏されてます。Morning Mixと言いつつも、僕にはサンセットの人気の無くなった浜辺、そう、まさにこのアルバムジャケットのイメージにピタリ適合。ボビーのギターソロに代わって入れられているサックスもいい雰囲気。

 で、最後に今作ではボビーがずっと応援してくれていた日本のファンに感謝を込めて“上を向いて歩こう / SUKIYAKI”を歌ってくれています。「ひとりぼっち」が「しとりぼっち」で江戸っ子風だったりして(笑)、ちょっとばかりご愛敬かも知れないけど、せっかくのプレゼントに四の五の言うのは止めましょう。これもボビーの「気持ち」なんですから。ねえ。


 どうも「AOR」って言葉に拘って、初めは構えて聴いてしまったこのボビー・コールドウェルの新譜ですが、「AC」好きで「R」には差して拘らない僕には概ね好感をもって楽しむことが出来ました。正直言ってこの音楽に今更「AOR」って言葉が必要なのかどうかは分かりませんが・・・。こう言ったコンテンポラリーな作風の中に1〜2曲、近作のようなスタンダードのカバーがぽつりと入っていても僕はそれはそれで素敵に聴けるんじゃないかと思いましたが、いかがなものでしょう。


 最近はビッグバンドを引き連れてのBlue Noteツアーを行っていたボビー。この新作を携えての次回の来日はホール・コンサートにしたいんだとか。そうですね、僕も次のボビーはホールで観たいかもなぁ。4〜5年くらい前に青山で観た時は、疲れていたのか1時間演奏したかしないかの短いライブでアンコールも無し。確かライブ・フィー、一人\12,000くらいだったかな。二人で行って食事して、ワイン飲んで計4万円近くかかった記憶が有りますんで、ちと・・・ってゆーか大いに遣り切れない感も致しましたです、はい(苦笑)。

 出来るなら、是非にも国際フォーラムCかなんかが嬉しいな〜、と。

パーフェクト・アイランド・ナイツ
パーフェクト・アイランド・ナイツ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 はじめまして、こんばんは。素晴らしいレビューですね♪ 当方は、1曲目が最高気に入りました。 昨年のブルーノート公演にも行きましたが、やはりボビーにとって、1日2回公演はツライようです。。。ただ、ブルーノートは、至近距離で観る事が出来るし、公演後のファンサービスもあったりで、ホール公演だとその辺が・・・以前、アースウィンド&ファイアーの公演(モーリスホワイト復活公演)を国際フォーラムに観に行ったのですが、その時、CDを買うとモーリス、フィリップなどに直にサインをもらえる、ってことがあり、公演後一時間ほど並び、疲れ切ったモーリスにサインを貰いました・・・1番良いのは、ブルーノートなどの大きさの箱で、2時間ぐらいの通しライヴ!ですね^^!
うま
2006/07/06 03:25
うまさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

違っちゃったらごめんなさい。
ひょっとしてSunnyhillsさんのBBSにいらしてますか?。もしそうなら熱烈なボビー・ファンでいらっしゃいますね(^^。
お寄り頂いて嬉しいです。

ボビーがBNでの1日2回の公演は体力的にキツいから、なんとかホールでやりたいんだ、って話は某ライターKさん(ばればれ?)が云ってた話ですが、やっぱり難しかったみたいですね。それにボビーのファンは熱烈な方が多くいらっしゃるので、うまさんが仰る様にBNのような交流の場があるライブの方がやっぱり嬉しいですよね。

僕も本来はあんまり大きなホールは本当は好きでなく、見に行くライブはほとんどBNとか横浜のMotion Blueとかなんですが、それでもやっぱり楽しみに出掛けて行って、たった1時間にも満たないでライブが終わってしまうんじゃは淋しすぎますよね〜。BNで入れ替え無しの通しは難しいでしょうから、STB139でやってくれればいいのに、なんてつい思ってしまいます(^^;。ボビーの歌は、じっくり、たっぷり聴きたいですものね。
yk2
2006/07/07 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボビー・コールドウェル / PERFECT ISLAND NIGHTS jazzっぽいの、好き?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる