jazzっぽいの、好き?

アクセスカウンタ

zoom RSS バーシア / TIME AND TIDE

<<   作成日時 : 2005/03/28 14:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


 ここのところ、4月の友人の結婚式2次会の選曲もあって、ピュアなラブソングばかり聴いています。とはいえ、誰だって口の中でトロトロにあまーく溶けるチョコレートみたいな曲ばかりを延々と聴き続けて居ては、さすがに飽きますよねえ〜。

 で、甘いモノに食傷美味になってしまったワタクシ、普通だとここで歌モノはもう沢山。インプロビゼーションばりばりのインストものでも聴こう!、などと思うのが常なのですが、ふと思えばもう3月も下旬。そろそろマット・ビアンコ(1月7日のブログ)のライブも近づいて来たのでそっちの復習もせねばいけません。
(※このブログは3月22日に書いたものです。)

【 Adult Contemporary 】
Basia / 『TIME AND TIDE』(1987)

 じつは当日一緒に行く相手が、「マットビアンコ?、バーシア・・・??、聴いたコトあるかなぁ〜」なんてレベル。故に当日までに是非ともお勉強をしておきたいとのコト。それなら彼らの最新作に加え、過去のアルバムから曲を選んでCD-Rにまとめてあげよう、とも思っていたのですが、まず最初に手に取ったバーシアの1st『TIME AND TIDE』から敢え無く作業中断です(笑)。改めて聴き直すバーシアの楽曲って、なんて気持ちよくフレッシュなんでしょう。当初の目的は忘れてフルにじっくり鑑賞してしまいました。これじゃ数曲なんて、とてもじゃないけど選べんわ・・・。どの曲もみんなめちゃくちゃ好きだったもんねえ。


 バーシアの声って、不思議です。なんて表現していいのかよく分からない。中低音はソウルフルにも歌えるし、媚びない程度にキュートにも歌える。ハイトーンは一聴、かなり金属的な感じも受けるのに何故か耳には障らない。結構な声量で歌い上げても暑苦しくなく、どこかクールなままでいる。加えて、ちょっとコミカルに歌うところなんかは、マンハッタントランスファーのジャニスやシェリルに通じる表情の豊かさも感じるのです。それに加えて、彼女って息の吸い込み方が柔らかい?のか、歌の一節一節の、声の残響感がほんわり柔らかくて心地良いんですよね。この柔らかさがバーシアの魅力。誰にも似ていない彼女ならでは、の味だと僕は考えています。


 このアルバムがリリースされたのは1987年のこと。時代を反映してほとんどの曲でドラムは打ち込み、ベースもシンセですが、生ピやオルガンを効果的に使って、あまりにも機械仕掛け臭くならないようバランスを取っていたのが、バーシアの相棒・ダニー・ホワイトのサウンドメイク・センスの良いところ。ロニー・ロスのバリトンサックスの使い方などは、前年リリースの彼らの元所属ユニットであるマットビアンコ『matt bianco』(1986)とほとんど同じ感覚なのですが、ダニーの兄、ピーター・ホワイト(スムース・ジャズ系サウンドでリーダー・アルバムを何枚もリリースしている人気ギタリストです)のガット・ギターを効果的に配したことで、よりヒューマンでマイルドなサウンド作りに成功しているように思います。

 屈託のない子供のコーラスのようなスキャットから入る@“PROMISES”がその典型。確かに今聴くとシンセのベース音ははあまりに飾り気が無く、面白みには欠けてしまっていますが、バーシアの伸びやかなボーカルに、ピーター・ホワイトがつま弾くボサスタイルのナイロン弦が軽やかに寄り添うサウンドは何とも気持ちが好い。ふたりのデュオ形式で進行するD“FROM NOW ON”もお奨めのトラック。ゲッツ&ジルベルトを彷彿させるロニー・ロスのバリトン・ソロの素敵なことと言ったら!。

 少し憂いを含んだ声のE“NEW DAY FOR YOU”やG“ASTRUD”なんかもよくテープ作るのに活躍してくれた曲です。今みたいに猫も杓子もボサ・テイストみたいな時代じゃなかったからなぁ〜。そして僕が一番好きだった、聴いてるとなんだかほんわかしてくるようなI“MILES AWAY”。ギスギスした気分の時に、ここでのバーシアの歌声聴いていると癒されるような気がして、随分とお世話になりましたよ、ほんとに(笑)。


 ライブ当日、バーシアのソロからどのくらい演奏してくれるかは全く分かりませんが、いったいどんなステージになるのかなぁ〜。今からワクワクしてます。ほんとに待ち遠しいですね。
Time & Tide
Time and Tide

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Matt Bianco "JAPAN TOUR 2005"
 マット・ビアンコの来日公演、東京二日目の3月30日に行ってきました。 ...続きを見る
jazzっぽいの、好き?@WebryBl...
2005/04/03 01:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バーシア / TIME AND TIDE jazzっぽいの、好き?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる